遊戯王コレクションの世界

子供の頃に熱中した遊戯王カードを収集し、研究しております。普段とはちょっと違う遊戯王カードの姿を貴方にお届けします♪

遊戯王で学ぶ詐欺に遭わないための心構え【中編】

前回はこちら。 

daiti0526.hatenablog.com

続き物を書こうかどうか悩んだのですが、嬉しいことに(?)需要がありそうでしたので、続きを書くことにしました。コレクター様の大切な資産を守る術として、皆様に重宝されるような記事になるよう気合いを入れていきたいと思います。今回は福袋編です。

遊戯王コレクションの世界

※○○○になんか絶対負けない!


【ケーススタディー②】福袋の被害から学ぶ防衛学

昔の福袋はお正月にしか買えないもので、「福袋」という言葉が俳句でいう季語に当てはまるほど、四季を感じさせる言葉だった。これは世間一般的には今でも浸透している

常識だと思うが、私たち遊戯王カードコレクターの間では、その言葉を聞いて四季というものを感じる人はもういないかもしれない。 最近の遊戯王カードコレクターの間では福袋が流行っており、ネット上では毎日のように取引が行われている。さらにYouTuber達のおもちゃとしても需要があるためYouTube場では毎日のように福袋開封動画がアップされ、もう昔のように年に一回の福袋を開けるワクワク感を感じられずらくなっている。

遊戯王コレクションの世界

※わくわくを思い出すんだ!

 でだ。最近流行り出したせいか、福袋を利用して詐欺まがいな行為をするもの「正確には詐欺ではないのだが……」が目立ち始めており、個人での取引はもちろんのこと、中にはカードショップが率先して価値のないカードを詰め込んだ高額福袋を販売したりなど、まさに混沌としている。

f:id:daiti0526:20180214112414j:plain

 

さて、僕達に防衛する術は残されているのだろうか?勿論ある。買わないという選択肢を選べばいいだけだ。だけどそれは中々難しいだろう。理由は遊戯王で学ぶ詐欺に遭わないための心構え【前編】で述べたオリパ詐欺と同様な理由からである。なので、今回も購入する前提での防衛学を学びたいと思う。

 

【実際事例紹介】

あるショップが元旦に福袋の販売を開始した。そのショップは普段福袋など販売せずに特定のYouTuberにのみ福袋を提供しており、その豪華さたるや凄まじいものであった。中には20万の福袋の中身が30万以上もするという破格な内容だったりもした。

毎回そのショップの開封動画がアップロードされるのに、そのショップでは一切販売されない。そんな状態だから動画視聴者達はその福袋に対し、購買意欲を燻られ続ける日々が続いた。しかし、元旦に一般人でも購入できるという情報が流れたものだから、

その影響力は凄まじかった。鉄火場で滾る人々の如く、その福袋に飛びつくユーザーが後を絶たなかった。しかも、前情報として下記の画像のような情報も流れたせいでその勢いは進撃するナポレオンの軍勢のように益々勢いつくのであった。

遊戯王コレクションの世界



遊戯王コレクションの世界

 

 

遊戯王コレクションの世界

※ 各画像には販売店舗の特定を防ぐために修正を入れております。

分かる人にはわかる。やばいラインナップである。そして販売当日。福袋自体は当たりもあれば外れもあるということで落差はあったものの、ツイッターにてきちんと当たり報告もあったことから何事もなく終わるかと思われた。しかし、とあるユーザーからの告発により事態が一変する。

遊戯王コレクションの世界



遊戯王コレクションの世界

遊戯王コレクションの世界
※ 各画像には販売店舗の特定を防ぐために修正を入れております。

 

纏めると以下の通りである。

・事前に福袋の返品も可能ということだったが、その条件として当たりのカードが入っていたとツイッター上で偽造工作に加担しなければ返品不可能だった。これにより他の当たり報告も偽装だったのではないかと疑う者が続出し、混沌とした事態に発展。そしてYouTuberの福袋開封動画もやらせではないのかとのことで他へ飛び火する事態に。結果として疑心暗鬼が蔓延する事態になってしまい、収集がつかなくなっ

てしまう。その後、この福袋を企画した当人はもはやテンプレとなった雲隠れをしてしまう。

 

・結局これは詐欺なの?

個人的にはかなり悪質な販売方法だと思うし、許されることではない。そういう憤りも芽生えてしまうぐらいだが、それ以上に不思議に思ったことがある。それは今回の事例を読み解くかぎり、福袋=アドが取れる「買えば利益が発生する」と思い込んでいる人の割合があまりにも多すぎることだ。

 

店舗を運営している以上、利益を確保しなければいけない。そういう立場の人間が作る福袋なのだから、あたりハズレは絶対発生するだろう。福袋を購入するのならば、そういう覚悟を持った上で購入するべきだ。正直に言うと、今回の件に関しては対策云々よりも福袋の性質を理解してもらったほうがよっぽど為になると思う。

 

遊戯王コレクションの世界

遊戯王コレクションの世界
福袋とは結局のところ在庫処分目的で行われるいともたやすく行われるえげつない行為だと理解すること。これを心に刻むことが一番の防衛策だと思われる。

 

・今回の事例で学べること。

福袋=鬱袋

福袋=アド確定だと思ってはいけない。

そもそも商品は「福袋」であり、その中身ではないので10万円福袋に10万分の商品が入っていると思ってはいけないし、カードの価格地域によってまばらなのだから、どうしてもそういうのが出てしまう。なので前回の詐欺オリパとは異なり、白黒がはっきりしないのが福袋である。この話を聞いてもどうしても福袋を買わないという選択肢が出てこない人の場合、中身が告知されていない福袋を買わないようにすると、それなりトラブル回避がしやすくなると思う。ここまで中々厳しいことをいったなと個人的には思う。ただ、何度も言うようだけどあの福袋の印象操作は罰せられるべきだと個人的には思います(大事なことなので2回言いました)