遊戯王 高額プロモ 決闘者伝説 in TOKYO DOME 千年原人を入手したので解説するよ!

本日の収集品。

遊戯王コレクションの世界

※決闘者伝説 in TOKYO DOME 千年原人の資料①


1999年8月26日にて開催された決闘者伝説 in TOKYO DOMEにて一次予選を突破した方に配布された希少なプロモカードとなります。「どんな時でも力で押し通す。千年アイテムを持つ原始人」というフレーバーテキストだが、彼が握つ千年アイテムは作中で一度も登場してない。そもそもこの原人、千年アイテムというものを理解できているのだろうか。テキストを読む限り第三者視点から語られているだけなので、彼自身はおそらくすごく攻撃力が高そうな物質程度にしか思っていない。

 

そんな千年原人ですが、トライホーンドラゴン以上に希少であるということをヴァリアブルブック1から情報を得ていた当時小学生のぼくは、このテキストを読んで、千年アイテムすげー!!」という感じで、特に疑うこともなくこいつに千年の盾を装備させたいなんて思っていたりしました。

 

・千年原人の発行枚数について。

詳細はこちらから⤵︎

daiti0526.hatenablog.com

daiti0526.hatenablog.com

 上記のように公式データだけを参照すると千年原人の発行枚数は500枚となっており、それで済めばとても楽なのですが、なんといっても東京ドーム事件の事情が絡んでくると、そう簡単に発行枚数を特定できない。一応、トライホーンドラゴンに関しては入手した当時の資料群のお陰で発行枚数の特定に成功して東京ドーム事件では配布されていないことがわかり、無事に12,000枚の発行枚数という信憑性の高い裏付けができました。なので同じ状況下にあった千年原人も同様かと思われたのですが……。

遊戯王コレクションの世界

※決闘者伝説 in TOKYO DOME 千年原人の資料②

上記のような情報が存在すると判明。早速裏付けできる情報なのか調べてみたのですが、何故か該当する情報が出てこない。東京ドーム事件の当時の状況を語るブログは確かに存在するのですが、そこには千年原人の配布に関する情報はなく、どうしようもない状態。……なのでそういう仮説があるという扱いにし、検証してみることにしました。

遊戯王コレクションの世界

※決闘者伝説 in TOKYO DOME 千年原人の資料③

さて、ここに千年原人の配布関連資料があるじゃろ?

なんで持ってんだというツッコミがありそうですが、「コレクターを舐めてはいけない」の一言で論破できる。あとぼくは真実を究明するためには手段は選びません。さて、同様にトライホーン・ドラゴンが配布された時の資料と比べて見よう。

遊戯王コレクションの世界

※決闘者伝説 in TOKYO DOME 千年原人の資料④

よく比べてみるとトライホーン・ドラゴンの配布に関して、確かに東京ドームで配布できなかったということがわかる情報が記載されている。しかし、千年原人の配布資料はどうだろうか。そう。裏付けできる情報が一切存在しないのである。

こうなってくるともうお手上げに近い。実際に東京ドームで仕方が無しに配布した可能性もあるし、そうじゃないかもしれない。あとはKONAMIに直接聞くしかないのだけど、それも希薄い。こういう場合は確実な情報が残っている500枚配布を定説するのが普通かなと思うので、とりあえず判明するまでは当ブログでは千年原人の配布枚数を500枚「秘蔵レアは除く」としたい思う。

※2018年12月15日追記

東京ドーム事件時に配布されていることが判明しました。情報元は下記のブログの様です。信憑性は高いと思われます。ということは千年原人は1,000枚配布という扱いで大丈夫かと思われます。

 

遊戯王について4(東京ドームでの遊戯王大会の裏事情・後編) | マンガ アニメ ゲーム 映画 など

総括

もうここまでくると学問だよね。