雑にコレクションを紹介する記事

実は遊戯王カードのコレクションをしているかたわら、プレイヤーとしてもカードを購入しているせいもあって、所有するカードの枚数がとんでもないことになっています。どげんかせんといかんと思い、定期的にカードをショップに投げて部屋を維持するようにしているのですが、何故か増える一方なんですよね。

※↑本当に、もうこれしか原因が思いつかない。

というわけで、今回は増えすぎたコレクションを雑に紹介するだけの記事です。普段はきっちりテーマを決めて記事を書いているのですが、まだ紹介できるほど完成されたコレクションがなく中途半端なものが増えてしまい、勿体ないので断捨離する前につらつらとお酒でも飲みながら書いていこうかなと思います。

 

・エントリーナンバー①

遊戯王コレクションの世界

???「わたしが死んでも代わりはいるもの……」

こちらは20thシークレットレアchallenge packに封入されていた閃刀姫レイ×8枚となります。このパックは約1/40という確率で20thシクが封入されているという鬼畜仕様で、このカード自体のファンは勿論のこと、現時点でも環境で使用されている「※2019年3月9日現在」ということもあり大変人気の高いカードではあるのですが、なんでぼくが8枚も所有しているのかというと、……覚えていないのですよね。仕事から帰ったら何故かポストに大量の郵便物がありまして、それを全部開封したらこうなりました。ぼくのことなので、多分、泥酔している時にはふと、綾○レイごっこしよう!とか訳の分からない思い付きをしてメルカリでいっぱいポチポチした結果、こうなってしまったのだと思います。来月のクレジットカードの請求が怖いです。

 

・エントリーナンバー②

遊戯王コレクションの世界

※このロリ○ンどもが……!

こちらはworld champion ship 2011 promotion packに封入されているWP11-EN013モンスター・アイですね。WCS2011来場者にのみ配布された大変希少なパックに封入されており、これは先程の姫殿とは違い、明確な意思の元で入手したカードなので一切の後悔もありません。vol.シリーズから存在するカードであり、かなりイラストアドが高く、ぼくの感性にドンピシャでした。かなりイカします。

 

・エントリーナンバー③

遊戯王コレクションの世界

※ワイトもそう思います

こちらもvol.シリーズと同じ時代を生きる有名カード。ワイト様です。海外特有の謎のレアリティ昇級によりウルトラレアカードと化したワイト君。これも一目惚れして購入したので後悔はありません。この子もずっと眺めていても飽きないので大変気に入っています。多分、ぼくの場合はvol.シリーズのカードなら大抵はこんな感じだと思います。きのこマンのウルトラレアカードが欲しい。

 

・エントリーナンバー④

遊戯王コレクションの世界

※名前に注目

こちらもvol.シリーズのカードであり目の隈が酷いで有名なスーパースターさんです。海外だとワイト同様に何故かウルトラレアに昇級しておりますが、それより注目するべきは英訳化されたスーパースターさんの名前です。何故か星人間という名称になっております。これ以外の事例でもコケという太った鶏のようなモンスターの名前がNIWATORIとなっていたりするので、まあ、こういうことは割とあります。でも、星人間は流石にあんまりじゃないですか?

 

・総括

需要があれば、当ブログでは紹介し難いコレクションカード紹介も雑談形式で紹介していこうかと思います。