コレクターにとっての情報収集の弊害

最近、コレクター向けのメンタルクリニックを開こうかなと密かに考えいます。どうもぼくです。今回はこんなニッチな情報ブログを書いているぼくが言えることではないのですが、皆様は情報収集のしすぎで、心身共に疲弊しておりませんでしょうか?なんでこんなことを聞くのかと申しますと、コレクター自身とコレクターアイテムの情報収集は交わらぬ関係にあると最近思うようになり、今回はこんな記事を書いてみた次第です。

※遊戯王コレクションの世界

※高騰しすぎて理性が壊れかけているコレクターの図

・ラーメンハゲの名言をご紹介。

いつも支離滅裂で申し訳ないと思うのですが、今日も例外はありません。さて、皆さんはラーメンハゲという人物をご存知でしょうか。「ラーメン発見伝」に登場するハゲなのですが、彼はラーメンを愛する余りただのラーメン愛好家から闇堕ちして、ラーメンリアリストに変貌を遂げた人物である。そんな彼が残した名言にこんな言葉があります。

遊戯王コレクションの世界

※わかる

遊戯王コレクションの世界

※ふむ

遊戯王コレクションの世界

※彼が闇堕ちした本質が語られ……

遊戯王コレクションの世界

※情報を……食ってる……

ただのラーメン漫画のワンシーンであるが、これを読んでコレクター様方はどう思っただろうか。おそらく賛否両論のはずだ。youtube上でコレクションアイテムの深い解説動画よりも圧倒的に、中身のないオリパ開封動画の方が再生数を稼げる理屈もこのシーンでは触れられているが、それ以上に重要なのは最後のコマに書かれている「情報を食ってるんだ!」という言葉だ。これは冒頭で述べた「情報収集に疲弊する」原因と密に関わってくる

 

・コレクターとなる原理。

少し前に書かせていただいた「自分がコレクターとなった理由」について少しだけ語らせて貰ったのだが、結局のところコレクターの正体とは、それぞれ人と異なり多種多様であり、誰かの物差しや情報で侵害されることのない神聖な動機こそがコレクターがコレクターとして足らしめる正体なのだ。

※コレクター向けメンタルクリニックのリンクはこちら⤵︎

www.yugioh-card-collection.com

www.yugioh-card-collection.com

www.yugioh-card-collection.com

www.yugioh-card-collection.com

www.yugioh-card-collection.com

www.yugioh-card-collection.com

・情報を食うという行為について。

このブログを読まれている読者様方はほぼ該当しないと思うが、一般的なコレクターにとってコレクターアイテムの詳細情報は基本的にアクセスしやすいカードショップや再生数の多いYouTuberから提示される刺激の強い情報がメインだ。これらの情報源はショップの思惑や大人の事情「価格操作」が殆どで、そのカードに対する背景や良さを語られることが少なく、価格ばかりが前面に押し出されいる。それ以外の情報となると大抵表に出てこない情報なので、欲しい情報を食べるためにはかなりの労力を割かなければならず、それだけで疲れてしまうし、情報を深掘りした結果、とても真っ黒なものにぶち当たり、自身が抱いていたコレクターとしての神聖な領域を穢されることにも遭遇する。つまり、情報を食う行為はコレクターとしての自身の価値を否定される可能性もある大変リスキーな行為であるのだ。

 

 ・コレクターとなる動機と情報収集が交わらない理由

結局のところ「誰かの物差しや情報で侵害されることのない神聖な動機」+「情報を食う」という行為は非常に相性が悪く、牛乳で白米を食べるぐらい辛い作業であるのだ。だから情報収集で疲弊するという現象が発生する。旧約聖書ではアダムとイブが禁断の果実である「善悪と知識の実」を食し、二人の純粋なものが穢されるというワンシードがある。それを紐解くと情報とは禁断の果実であり、知識を得ることの代償として、コレクターとしての純粋な動機を穢される恐れのあるという大変怖いものなのだと解釈できる。

 

・総括

何度でもいうが、こんな情報ブログを書いている身としては非常に不本意な事実であるのだが、真実だから書かざるをえなかった。皆さんも、情報収集に疲弊してきたらあらゆる知性をかなぐり捨てて、自分の大好きなコレクションアイテムを眺める時間に費やし、癒されて欲しい。ただ、詐欺や偽造カードが蔓延した現在、情報なしではアイテムを集めるのは厳しいところもある。ある程度は毒「情報」に耐性を持つことも重要であるのは間違いない。