遊戯王のEXアンカットシートの解説をするよ!

 

遊戯王コレクションの世界

※初めてそれと出会った時のぼくの気持ち。

泥濘みの中にいるような生暖かい深淵を歩き続け、ようやく見つけたアンカットシートシートはまさに蜜の味でした。どうもぼくです。数年前のぼくでは想像できない領域にまで侵食し、コレクターとして濃度を圧縮し続けた結果。こうなりました。

遊戯王コレクションの世界

※こいつを目の前にしたら、得体の知れない余韻だけが身体覆う。言葉にできない。

今回入手したこちらのアンカットシートは1999.12.16にて発売された遊戯王構築済みデッキEXに封入されているブラック・マジシャンと青眼の白龍のアンカットシート となっており、YOUTUBERのしゃまさんが所有されているシートと同様のものとなっております。サイズは横55センチ 縦78.5センチ。一枚のシート64枚のカードが製作できますが、どこの規格にも属さない特殊なサイズで、もしかしたら当時の印刷工場でしか使われなかった特殊な規格なのかも知れないですね。

遊戯王コレクションの世界

※産まれたままの姿は純粋で、ただ目が眩むばかりである。

手に入れたらわかるのですが、これを入手してしまうと、もう並大抵のコレクションアイテムでは身体と心が反応しなくなってしまいますね……。これはね。もう麻薬ですよ……。麻薬「アンカットシート」に汚染されると、コレクターにとっては致命になりかねないので、これに手を出す際は要注意ですね。ただ、未だ唯一心に残る過去の憧れだけが、ぼくがコレクターとして活動する唯一の原動力となっていることは、疑いようのない事実だし、やはりこの気持ちは本物なんだと再確認できたのは個人的に収穫でした。さて、今日はこのアンカットシートを解説していくよ。

・昔のアンカットシートには生産日時の記載がない。

最近、MTG顕界では【詫びアンカットシート】なるものが配布されているらしく、今回入手したアンカットシートとの差異を見比べたいがために、こっそり購入してみた。

遊戯王コレクションの世界

※詫びアンカットシート 。。。でかい。カッコいい。。。

MTGのアンカットシートのサイズは以下の通り。

横72.5センチ 縦100.5センチ。つまり、約B1サイズ(728×1030)となっており一枚のシートで印刷できるカードの枚数は121枚。遊戯王と違い、一般的に使用されている規格に準じたサイズになっており、効率の良いものとなっている。また、バーコードで管理できるようになっているらしく、紛失防止対策がなされているようですね。

遊戯王コレクションの世界

※最新のアンカットシートには生産日時が記載されており、このMTGのアンカットシートには2019年5月10日16時09分45秒に刷られたことがわかる。

今回入手した遊戯王のアンカットシートと比べるとわかるのですが、かなり大きいです。そして何より注目するべき点は、最新【2019.5.10時点】のアンカットシートにはカットした際に発生するゴミが少なくなるように無駄な余白や縁が1999年頃に生産された遊戯王ものと比べて、かなりの最適化が図られているのが確認できます。生産規模・売上等の様々な要因がありますでしょうが、そういったものがもろに出るのがアンカットシートという品物なのだと思います。大変、興味深い。他のアンカットシートも欲しくなってしまいますね。これは。。。

遊戯王コレクションの世界

※アンカットシートの下部の縁には製造日の記述がない

遊戯王コレクションの世界

※当然、上部の縁にも記載なし。

遊戯王の方にも生産日時の記載があれば、発売日から逆算して色々な考察ができたのですが……そこが個人的には残念でした……。

 ・流出原因は廃棄から?

このアンカットシートには、流出原因を特定する重要な証拠が残されている。

遊戯王コレクションの世界

※ローラー痕①

遊戯王コレクションの世界

※ローラー痕②

このシートには実に3箇所もローラー痕が残されており、このことからローラー痕が残ってしまったことにより廃棄されたシートである可能性が高いと言える。さらに考察も交えるのなら、1.2箇所のローラー痕なら廃棄にならなかった可能性もあり得るのではないかと思われる。体感でだが、世に出回っている日本語表記のローラー痕のエラーカード多さを考えると、そういう取り決めがあったのではないでしょうか?

※ローラー痕の詳細についてはこちらから⤵︎ 

www.yugioh-card-collection.com

・レリーフ違いのエラーカードの検証をしてみる。

前回のレリーフ違いの記事にて、レリーフシートかカードシートを逆さまに貼り付けた結果、あのような状態になってしまったのではないかと考察したのですが、今回、このアンカットシートを使用し、検証してみたいと思います。

※レリーフ違いの記事はこちらから⤵︎

www.yugioh-card-collection.com

 レリーフ違いのエラーカードをお持ちのコレクター様からご協力を頂き、正位置からどれぐらいレリーフがズレているかを測定。

遊戯王コレクションの世界

※測定中

遊戯王コレクションの世界

※ズレは4ミリ程度のようですね。

そこから、今回入手したアンカットシート シートの左右の縁の長さを測定。

遊戯王コレクションの世界。

※こちらの幅は2.4センチ

遊戯王コレクションの世界

※こちらの幅は1.2センチ

つまり、今回入手したアンカットシートを基準にすると、2.4センチ−1.2センチ=1.2センチのズレが生じていなければいけないので、仮説不成立となります。まあ、第1期のアンカットシートと第4期のアンカットシートシートの仕様が違うのは当然で年月換算すると今回のアンカットシートが1999年12月16日発売、貪欲な壺レリーフ違いが収録されていたのが2005年8月11日発売で約6年程度の歳月が経過していますので当然ですが……。本当に他のアンカットシート入手したくなりますね。これは……。

・総括

今回入手したアンカットシートの裏面はまた後日に時間がたっぷりある日に鑑賞いたします。もう少々お待ちください。あと……。もしこれ以外の遊戯王のアンカットシートをお持ちの方がいらっしゃいましたらご連絡ください。こちらで大切に保管させていただきます。