アンカットシート用の額縁を作ってみた。

↓前回、無事に入手することに成功したアンカットシートについての記事はこちら。 

www.yugioh-card-collection.com

 というわけで無事に手に入れることができたものの、このアンカットシートの規格に該当するサイズの額縁が存在せず、せっかくの素晴らしいアイテムの見栄えがあまりよろしくないことになってしまっている。

遊戯王コレクションの世界

※一流モデルにゴムが伸びきったパンツを履かせてしまっているような状態。

サイズの不一致は保存にも影響してくる可能性もあるのでどうにかしたい。 しかし、これに該当する額縁の規格サイズは市販されていない。で、どうするかを考えているうちに【そっか!存在しないなら作ればいいじゃん!!】という神の啓示を受け、実行することにした。

遊戯王コレクションの世界

※存在しないなら、作ればいいじゃない。

・問題はどこで作るか

調べてみるとわかるのですが、最近では額縁のオーダーメイドをネット経由でできるようになっているらしく、金銭面の問題さえクリアできれば、意外とお手軽だということが判明。とは言えど、当然ながら額縁のオーダーメイドなど生まれてこのかた一度も経験したこともないので、【多分、こうだろう!】という発想で実行するのはあまりに危険すぎる。下調べもせずに何かを購入したり行動することの愚かさは、これまでの先人の知恵から学習済みだ。

※先人達の失敗談などはこちらから↓

www.yugioh-card-collection.com 

www.yugioh-card-collection.com

www.yugioh-card-collection.com

www.yugioh-card-collection.com

www.yugioh-card-collection.com

www.yugioh-card-collection.com

www.yugioh-card-collection.com

www.yugioh-card-collection.com

 

ということで額縁のプロに相談するべく、某東急ハンズへと足を運ぶことにした。意外かと思われるかもしれないが、東急ハンズでは額縁のオーダーメイド依頼を請け負う店舗も存在する。プロに見せるとはいえ、不安だ。なにしろ基本的にはけして表に出てくることのないアンカットシート用の額縁制作を依頼するのだ。普段は常識人の皮を被っているぼくだが、コレクター活動となると本当の正体を晒したくなる。一般人に、そんな醜態を見せたくないので、ぼくは気を引き締めて、東急ハンズへ足を運んだ。

 

遊戯王コレクションの世界

※プロによる正確な測定を依頼。

ぼく: すいません。これ専用の額縁を作りたいのですが。。 

プロ: おお、これは素晴らしいものですね。では早速サイズを測らせて頂きます。

 

※お世辞とはいえど肯定的すぎて本性を晒したくなったが、ここはグッと我慢。

遊戯王コレクションの世界

※正確なサイズをメモしている様子。

 ぼくは当初、額縁の柄をド派手なものにしたくてそのことを告げると、プロからこんな提案が。

 

プロ:せっかく良いものなんですから、額縁で装飾を施して存在感をアピールするよりも、このアンカットシートに視線を集中しやすいような作りにしてはいかがでしょうか?せっかくの良いものなのですから。

 

ぼく:そんなことできるんですか!?

 

プロ:ええ。あとシートの淵の部分を隠さないようにしていきましょう。おそらく、その方が良いですよね。。。。?

 

ぼく:お、おねがいしましゅ!「この人ヤバイ。根っからの職人だ……これは大当たりを引いたな。。。」

遊戯王コレクションの世界

※フレーム選び

 

プロ:フレームなのですが、わたしとしてはこの辺りがオススメです。少し飾りたいなら、シートの淵の部分が銀色なので、金のフレームにするのもありかと。

 

ぼく:「確かに合うが、カードと若干同化してしまうな。。アイテムに視線を集中させたいなら、これだろう。。。!」

 

遊戯王コレクションの世界

※marvelous!

 

ぼく:黒のシャープなフレームの方がアイテムを強調できてる印象だから、これにします!

 

プロ:そうですね。丸みのあるフレームよりも、こちらの方が引き立つと思います。素晴らしい選択だと思います。

 

遊戯王コレクションの世界

※注文完了。。。その後。。。。。

 

遊戯王コレクションの世界

※ドキドキ。。。

遊戯王コレクションの世界

※……!

遊戯王コレクションの世界

※やべえ。。イキそうになった。。。

 

遊戯王コレクションの世界

※ちゃんと見せたい部分も露出できてる。。。!

完璧すぎた。写真じゃ伝わりにくいかもしれないが、視線がアイテムに集中しやすいようにしたおかげで、鑑賞するときにすっと視線をアイテムへ集中できるのでストレスなく鑑賞できるようになった。。。無地の壁に立て掛けたらそれがより際立つだろうと容易に想像できた。額縁の力を侮っていた。すごい。

 

・総括「おまけという名のダイレクトマーケティング」

恐らくごく一部の人にしかニーズのない記事の内容となったしまったが、何が言いたいかというと、普通はコレクション本体が主役だから普通はローダーだったりマグネットホルダーだったりカードを保存するだけなのだが、こういうサプライにも拘りを持つと、素晴らしいコレクションアイテムがより昇華されることがはっきり認識できたのは個人的に大きな収穫だった。

 

※ここからはおまけ「ダイレクトマーケティング」

最近、一部のコレクターで自作サプライが流行っているようで、いつもお世話になっているとある方からこんな物が届いた。

遊戯王コレクションの世界

※なんだこれ

送り主に確認すると「1インチスクリューダウンとあれ「名前忘れた」に挟んで使用してみ?」とのことで言われた通りに。。。すると。。。

遊戯王コレクションの世界

※なにこれ、かっこよすぎだろ。。

好評だったら増産するかも。。。。?とのこと。