GINZO 栃木レザーカードケース CALDER(カルダー ) を使ってみた。

少々遅めではあるのですが、新年あけましておめでとうございます。

新年早々から日本政府によるバスターコール(緊急事態宣言)があったりと、暗い話題ばかりではありますが、その中で僕達ができることはかなり限られますし、もう政府の対応もぐだぐだのグダっ!なので、ぼくはもう自己責任の範囲内で好き勝手やろうかと思います。

 

さて、そんな出だしから始まる今回の記事なのですが、今回はコレクションカードのサプライ開発・販売を中心に活躍する銀蔵(GINZO)様よりとあるアイテムのテストプレイヤーとして選ばれまして、そのアイテムの使用感と、しばらく使用してみた感想をつらつらと記事にしようかと思います。はい。要するに今回はダイレクトマーケティング関係の記事となります。とは言えど、思ったことを素直にそのまま書いていきますので、忖度はありません。なのでご購入をご検討されている方にとっては、十分有益な記事になるかと思います。

 

※銀蔵さんのオンラインショップはこちら⤵︎

ginzo-shop.com

 

・CALDERのご紹介

遊戯王コレクションの世界

※資料①

遊戯王コレクションの世界

※資料②

遊戯王コレクションの世界

※資料③

画像①②は公式サイトから引っ張ってきたのをそのまま利用しております。さて、このCALDER(カルダー)なのですが、どういう用途で利用するかと言いますと、銀蔵さん曰く、カードショップ等で入手したカードを完全完璧に保護し、カードショップ巡りを快適にするためのツールだということです。ぱっと見はお財布に見えますが、使ってみると色々と便利な面と、改善余地の面が見えてきたので、それをご紹介致します。

 

・Lesson  One とりあえず現場で使って見よう!

遊戯王コレクションの世界

※現場主義なので、実際に使ってみないとね。

というわけで、秋葉原に買い物しにやって来ました。

遊戯王コレクションの世界。

※画像はないが、パンツのポケットにフィットするサイズ感。

もうちょっとコンパクトでもいいかも?

こうやって使ってみると分かるのですが、外見は良質なレザー製のお財布なので、人目を気にせずに使用できる。ストレスフリー。

CALDER

※カードローダーを使用すること前提にしているとのことで、現地購入。

CALDER

※カードローダーを5枚入れるとこんな感じ。最大10枚収納できるとのこと。

遊戯王コレクションの世界

※早速買い物シーンで活用してみる。

使用感としては、購入したあとにバックを漁ってデッキケースを取り出したりとか、レシートとお札でぎっしりなお財布等にコレクションカードを収納せずに済むので、購入してからカードを保護するまでのレスポンスの良さが良い。何より、画像のようにローダーを事前にCALDER内に仕込んでおけばより収納面で安定した活躍をする。うん。悪くない。

CALDER

※途中でローダーが足りなくなりそうだったので。もう5枚を追加。これで設計上の最高枚数であるローダー10枚を収納。

遊戯王コレクションの世界

※趣味の趣味であるMTGのカードにも当然対応できる。

遊戯王コレクションの世界

※こんな感じで特定のカードだけを取り出したい時にも、きちんとカードを展開できる。

うん。使い心地は悪くないね。

 

・とある別の日

その日はCALDER(カルダー)を持っていくのを忘れてしまい、とあるデッキを製作したいなと思い再び秋葉原へ。。そして帰宅すると。。

CALDER

※各カードショップの袋が。。。

これはCALDER(カルダー)を持ってくのを忘れたお陰で見つけた隠れた長所なのですが。。

CALDER

※多種多様な保護袋の数々。

CALDER(カルダー)を所有していたときは自然とこういった保護袋を店員さんに断っていたのですが、未所有で行くと、こういった保護袋がないと購入したカードが帰宅途中に何かしらの事故でカードに傷が。。と、なる可能性があるので保護袋をつけてもらう。すると。。

 

【帰宅する→カードを保護する袋をカードを傷付けないように丁寧に剥がす→きちんとしたスリーブに購入したカードを移す→いらなくなった保護袋を値札のついたスリーブと一緒にゴミ箱へ。】

 

という面倒な作業が発生して、少々煩わしい。ところがCALDER(カルダー)を使うと、

 

【帰宅する→CALDER(カルダー)からカードを抜く→スリーブを入れ替える→いらなくなった値札のついたスリーブと一緒にゴミ箱へ。】

 

という作業量になるので、保護袋を煩わしいと普段から感じている人にとっては、大きなメリットになるのではないでしょうか?なにより、余計なゴミが発生しないだけでも気持ちの面でだいぶ違いがでます。

CALDER(カルダー)

※ CALDER(カルダー)を使ってたら、こうなってた。。

 

・使用してみた感想として。

というように、非常に有効活用できそうなこの商品なのですが、間違いなくリピートする人と、リピートしない人がはっきり分かれる商品であると言えます。

 

例えば、普段から小銭とかお札とかキャッシュカード等を別々のお財布に分けて管理している人にとっては非常に有益なアイテムであるのは間違いないですし、逆に一つのお財布に小銭、お札、キャッシュカード等を一緒に入れて管理している人にとっては不評だと思います。これは決してどちらが正しく、どちらが間違えているとかの話ではなく、普段からの生活習慣や、個人の性格に大きく依存するアイテムですので、賛否両論が出そうだなというのが総合的な評価ですね。

 

また、レザー製品ですので定期的なケアが必要になるかと思います。そういった定期的な手入れを行っていくうちに愛着を持てるタイプなのか、そうでないかでまた違った意見が出てくるアイテムですので、他人の評価よりも、自身の趣向に馴染むアイテムかどうかを重要視して購入するかどうかを判断するべきだと思います。

f:id:daiti0526:20210114213243j:plain

※育てた始めてからそろそろ3年経過する革のプレイマット

ちなみにぼくはカードゲームで遊ぶプレイマットが革製品でして、東急ハンズのハンドメイドコーナーに置いてあったレザー素材を切り抜いて、定期的なメンテナンスをしながら自分の好みの色合いに育てて楽しんでいたりする人種なので、今後、CALDER(カルダー)がどのような色合いに成長するのか、楽しみだったりします。

 

※CALDER(カルダー)の販売ページはこちら⤵︎

ginzo-shop.com

※革製品の手入れ方法はこちら⤵︎

hallelujah.jp

栃木レザーの管理方法等の情報はこちら⤵︎

magazine.knot-designs.com