情報のない詳細不明なカードを取引するときに確認するべきこと

おはようございます。こんにちは。こんばんは。どうもぼくです。

今回の記事のタイトルなのですが、最近、詳細不明なカードを調べて欲しいというご依頼があったり、ぼく自身が割と拗れに拗れた収集家のためか、そういったカード類を購入する機会が多々あるので、そういったカード類を手に入れる前の調査をどのように調べて、判断しているのかを少しだけ書いてみようかなと思います。たぶん、このスキルはコレクター 界隈以外でもある程度役立つ内容かと思うで、上手く使いこせると、便利だと思います。

 

・取引相手が信用できる人間かどうか?

遊戯王コレクションの世界

※その人、本当に信用できますか?

まず前提条件として、信用できる人間かどうかで選別していくことが大切です。これは当然のことですが、オリパ業界とか眺めていると、これを理解していない人が多いなと。とりあえず、コレクター界隈限定で通用する方法として1番手っ取り早い判断基準だとこの4つかと思います。

 

①著名なコレクターと取引する。

理由:著名なコレクター様方は、それ以外のコレクター様よりも信用情報を収集しやすく、判断しやすい。また、コレクターコミュニティー内でそういった信用情報が結構出回っていたりするので、そういった情報のアクセスできる方なら、これが1番楽。また各ジャンルの著名な方々に全てに言えることではあるのですが、著名とは名誉ある勲章ではあるのですが、同時に人を縛る鎖ですので、著名であるメリットを捨ててまで、相手を騙してやろうという発想になる人はあまりいません。もちろん、例外もありますが。

 

②普段から取引している方と取引する。

理由:労力をかけない方法だとこれが1番楽な判断基準ですね。ただ、信用を重ねてから莫大なリターンを狙った詐欺を計画している人も一定数いらっしゃるので、過信は禁物です。オリパ業界を見てれば何となく理解できるかなと思います。

 

③前科者ではない方を選ぶ。

理由:大前提です。人を騙す人間が改善されることは有り得ません。断言します。

性癖と同じで、人を騙す行為を平気で行う人種は、魂が肉体から解放されるまで改善されることは有り得ません。これは経験則上絶対です。

 

④自身のコレクション濃度を高めるより、金銭の回収を主にしている人とは取引しない。

理由:これも大切ですね。例えば自身のコレクションカードを売却する理由が、他のコレクションカードを購入するという理由だったり、普段から自身のコレクションの質を高める、あるいは自身のコレクションテーマの追求、又は普段からコレクションするにあたり自身の性癖を理解しようしている方などは信用しても大丈夫かと思います。そういう方は本当に悩みに悩んでカードを手放す人が殆ですので。逆に特にそういった理由もなくそういった悩みに悩んで手放したコレクター様のカードをすぐに他の方へ譲ったり、購入した金額以上で売却する人間は、最終的に利益追求も効率化を図り悪事に手を出す進化をする可能性があるので、そういった方と取引を続けるのは危ないかと思います。

 

・詳細不明のカードに関する一次情報に信憑性があるかどうか。

遊戯王コレクションの世界

※情報は多ければ良いと言うものではない。情報は処理できなければただのノイズでしかない。この画像を見ればなんとなく理解できると思う。

これはちょっとコツがいるのですが、取引相手と詳細不明なカードを取引する場合、相手は必ずそのカードに対する背景を説明します(もし、何も説明がないなら必ず取引相手から説明してもらいましょう)。相手が説明するストーリーに矛盾がないかを確認するのは当然のこと、その証拠になるものを必ず相手から提示させましょう。で、相手が証拠を提示してきたら、その証拠の信憑性を調査します。色々な証拠があると思うので、一概にはその方法を教えることは困難なのですが、前にあった事例として、相手が証拠としてサイトURLを提示してきたことがあります。そのサイトには彼のいうストーリーを関連付けさせる情報が大量に文章として存在しており、普通の方ならそれだけでも十分証拠として判断するのですが、ぼくは更にそこからURLのドメインが製作された時期、そのページはいつ発行されたものなのかを調べ、結果として信用できる時系列の時期に製作された情報であるとわかり、詳細不明なカードを購入した実例があったりします。なので自分にしか使えないスキルを駆使して情報の信憑性を調べることができる人なら、このやり方が確実だと言えます。

 

・詳細不明なカードを取引する場合、二次情報には気をつける。

遊戯王コレクションの世界

※コレクションアイテムにとっての一次、二次情報等の定義を今度の記事で補足した方が良さそうので、次回書きます。記事にする順番を間違えました。申し訳ないです。

詳細不明なカードを入手する場合、必ず一次情報の提示を相手に求めましょう。二次情報の場合、正確に情報を伝達されていない恐れがあります。ここを妥協すると、都合の良い情報だけを切り抜いただけの可能性があります。二次情報しか入手できない場合は、相手が信用できる人物か、詳細不明カードのストーリーと矛盾していないか等の補足情報が必要になります。

 

・自身にとって価値のあるコレクションかどうか。

遊戯王コレクションの世界

※これが意外と難しい。

詳細不明なカードを購入するにあたり、最終判断として1番重要なのは、自身にとって価値のあるカードなのかを自身と向き合い、判断することです。こういった正体不明のカードは現状の仕組みだと1度入手すると、手放すのが非常に困難です。なぜなら世間の大多数のコレクター様は、あなたの所有されている正体不明のカードについて、興味どころか、その存在すら知りません。もちろん、専門店でも同じです。今後、そういった何らかの仕組みができれば別ですが。

 

なので、そういったコレクションを入手する場合、現状への理解と覚悟が必要です。

 

・最後に。

以上のように、こういった詳細不明なカードを扱う場合、それなりのスキルと覚悟が必要ではあるのですが、そこを超えた先には別の世界が広がっています。ぼくもその世界の住民ではあるのですが、本当に毎日が充実しております。としか説明できないです。ご興味がある方、是非こちらへ。今回の記事が他のコレクター様にとっての別世界へ切符になりますように。